「 2015年04月 」一覧

消費者金融のローンは用途が幅広い

消費者金融のローンは、さまざまな用途に利用できます。
事業資金、借入金返済、投機性資金には利用できないローンもありますが、それ以外であれば用途は問われません。
用途の欄に何も記載されていない場合は、完全に好きなことに利用できます。
用途を問われないローンは、貯金と同じように利用できるのです。
リフォームローンの場合、住宅の補修関連、別荘の購入など、住宅関連の費用に限られます。
車検費用と生活費もついでに借りよう、といった使い方はできないのです。
金欠なのでお金が必要という状況では、多目的に使えるローンでなければいけません。
消費者金融は一般消費用のローンなので、生活費全般に使うことができます。
食費が足りない、お小遣いが欲しい、クルマが壊れたので修理したい、海外旅行の旅費にしたいなどの理由で借りることが可能です。
契約時に用途を聞かれることはなく、お金の利用明細を見せる必要もありません。
非常に使い勝手がよいため、経済力に関係なく契約する方が多いのです。
利用者は必ずしもお金に困っているわけではなく、経済的に余裕のある方も利用しています。
海外旅行で現金がなくなったとき、ローンがあれば簡単に調達できます。
また、財布を落としたときに一時的に借りるなど、万が一のときにも役立ってくれるのです。
消費者金融の利用者の約10%は、年収1,000万円クラスだと言われています。
弁護士、医師、会社経営者など、社会的立場の高い方も普通に利用しているのです。