まずは、いくら必要なのかを知ろう

一般的に、60歳がリタイアの年齢だとされています。これはほとんどの企業が60歳を定年退職の年齢として設定しているためで、サラリーマンとしての人生は60歳で終了するというもっぱらの見方です。
もちろん、自営業の方々や会社によっては定年後も働ける環境が整備されていることもありますし、再就職によって収入を得る方もおられます。
60歳を期に収入がゼロになる方、そうでない方。いずれにしても、生活していく上で一定の費用がかかります。生活費や、趣味に使うお金、人付き合いに使うお金など、生活の至るところでお金が必要になるのは現役世代と何ら変わりません。
それでは、老後に必要となる生活費がいったいいくらなのか。国の機関である人事院がまとめたデータによると、夫婦二人の標準的な家庭の老後生活費は、約16万円。
「なんだ、それだけでいいのか」と思われた方も多いでしょう。しかし、ここには趣味の費用や旅行、外食などは含まれていません。最低限の生活を維持するのに必要な金額なので、ほとんどの方はこれに上乗せされると考えて下さい。
では、いったいどれくらい上乗せされるのか?今度は生命保険文化センターの調査によるデータを見てみましょう。それによると、先ほどの生活費に上乗せされる費用というのは、6割の近くの世帯が10万円未満から15万円くらいとなっています。つまり、最大で16万円と15万円を足して、31万円が必要であると結論づけられます。
どうですか?
「思ったより多い」ですか?
それとも、
「思ったより少ない」ですか?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加