住宅を購入するためのお金が必要な人にそのお金を貸す、というのが住宅ローン

「住宅は、一生のうちで一番大きな買い物」と言われるように、住宅を購入するためには、一般的には数千万円クラスのお金が必要になってきます。

でも、そんなお金を預貯金のみでまかなえるというお金持ちさんは、ごく一部。ほとんどの人は、住宅を購入できるほどのお金を持っていません。

そこで、金融機関がそうした「住宅を購入するためのお金が必要な人」にそのお金を貸す、というのが住宅ローンです。

住宅ローンを借りた人は、その家に住みながら、借りたお金を毎月少しずつ返済していくというわけですね。

もちろん、お金を貸す金融機関としても、タダで大金を貸してくれるわけではありません。「もしも住宅ローンが返済できなくなったら、その時はこの家をもらうよ」ということで住宅を担保にするんです。

ですから、住宅ローンの返済が終わるまでは、住宅は「借金のカタ」のような状態になっているわけですね。

なんだか人質をとられているような嫌な気分になるかもしれませんが、そのかわり住宅ローンの金利は、他のローンと比べてとても低い、という大きなメリットもあります。
これは、担保があるということで、貸す側にとっても「他のローンよりも貸し倒れになるリスクが少ない」という理由があるからですね。

あと「住宅ローン」という名がつくだけあって、住宅ローンのローン資金の利用は、あくまで住宅を購入するため「だけ」に限定されます。

「住宅ローンを多めに借りて、ついでにカードローンや車のローンも返しちゃえ」なんて手は使えませんので、ご注意を。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加