闇金は最悪

総量規制やグレーゾーン金利の撤廃でお金を昔よりも借りにくくなったことは事実です。
そこで暗躍してきたのが闇金業者です。

法外な金利でお金を貸しつける悪徳業者です。
支払いが遅れたらあらゆる手段を使って嫌がらせをしてきます。

勤めている会社や親族などにも電話などをしてとにかく最悪な存在です。
でもお金に窮している人は後さき考えずにお金を借りてしまうのですね。

どこからもお金を借りることが出来ないという状態は、多重債務者である可能性が極めて高いです。
多重債務者である以上、その場しのぎのお金を借りたからと言って財政状況が良くなるなんてパターンはめったにありません。

もうそのような状態になったら潔く債務整理の手続きをしたほうが良いでしょう。
債務整理は国が認めている多重債務者保護の制度です。

債務整理を利用して自己破産をするのは恥ずかしいなどと思うかも知れせんが闇金の執拗な取り立てを経験するぐらいならこちらの方は天国といえるでしょう。

多重債務になったら絶対に債務整理の手続きをすることをお勧めします。
債務整理専門の弁護士などがいるので相談を受けてみると良いと思いますよ。

なお既に闇金に手を出している方はヤミ金を撃退する方法を考えなければなりません。
闇金対策本部というサイトがあるのですが、こちらには闇金で苦しんでいる人を救済する司法書士のスペシャリストが紹介されているので上手に活用してみると良いと思います。

後は警察に相談するかですね。
とにかく闇金は最悪なので絶対に手を出してはいけません。


金融業も大変

金融業も大変なんですよ。何が大変かって昔と比べて今の利息って非常に安いじゃないですか。 高い金利で貸し付けることが出来ないってことは貸し倒れの人数を極限にまで減らさないと会社に大損害を与えてしまいます。

とはいえ慎重になりすぎでも会社は儲かりません。金融業はお金をいくらかしてナンボの世界だからです。 でもお金を貸して終わりだったら話は簡単なんですがそんなに単純じゃないんです。

結構多くの人が支払いを遅滞したり、債務整理したり、どこかにいなくなったりします。 そういった損失を常に頭に入れて行動しないといけないんですよね。

しかもお金を貸しつける段階である程度の信用情報ってのはわかるのですが、それが万全であるはずもありません。 ブラックな方でも誠実な方はいるでしょうし、今はホワイトだけど潜在的にブラック確定の人もたくさんいます。

全てを全て把握できないからこそ難しいんです。 金利が高ければ少しぐらいの貸し倒れは金融業者の経営を圧 迫するものじゃありません。

でもグレーゾーン金利の撤廃で今はクリーンな利息でしか貸し出すことが出来ません。 とするときわめて慎重にお金を貸さないととんでもないことになってしまうんですよね。

金融業は儲かると言われていますが、神経をすり減らしていつもお金を貸しているんですね。